関節痛とコラーゲン

コラーゲンは、肌のハリや弾力を保つために重要な役割を果たします。

 

さらに関節痛にも必要な成分になります。

 

しかし同じコラーゲンでも、皮膚に含まれている成分とは異なるのが、関節に含まれているコラーゲンです。

 

関節に含まれているコラーゲンは、軟骨の骨組みを形成します。

 

特に膝は軟骨のすり減りにより、関節痛を起こします。

 

それは関節にかかる衝撃を和らげていた軟骨がすり減って、骨と骨が直接ぶつかりあうために起こります。

 

その結果、炎症を起こして関節が痛むことになります。

 

コラーゲンは、この軟骨のすり減りを防ぎ、関節痛を改善してくれる働きがあります。